FE 350 2018
ENDURO PROGRESSION

FE 350は、全ての分野において万能であることが知られています。軽量シャーシおよび十分なパフォーマンスにより、FE 350は、250の軽量性とアジャイル感を維持しつつ、450の馬力重量という競争力のあるパワーを備えています。FE 350はWPリアショック、トラクションコントロール、快適なエルゴノミクスを組み合わせ、厳しい条件でも右にでる製品はありません。

Features and Benefits

エンジン
DOHC 350ccエンジンはトップレベルの汎用性を誇ります。FE 350の構造はFE 250とほぼ同様ですが、パワーとトルクが大幅に向上し、軽量の450に匹敵する性能を提供します。
クランクシャフト
プレーンビッグエンドベアリングと圧入された2つのベアリングシェルは、最高レベルの信頼性と耐久性、そして135時間という長いメンテナンス間隔を保証しています。
クランクケース
FE 350のエンジンは、軽量かつ回転マスの集中化を実現するように設計されています。クランクケースは、シャフト位置を理想的な重力中心で格納するように加工されています。ケーシングは高圧ダイキャスト生産方法で製造され、優れた信頼性を維持しつつ薄壁を実現しています。Husqvarnaを象徴するロゴはブロンズ仕上げのギアボックスカバーを装飾します。
内蔵型冷却システム
ラジエターは高力アルミニウムを使用してWP Performance Systemsにより専門家によって製作されました。空気をより効果的にラジエターに流し、あらゆる状況下で最適な冷却を可能にするようにCFD(数値流体力学)を活用しています。冷却システムがフレームに内蔵されているので、冷却液をフレームに流すことで熱分散が向上されます。ホースを追加する必要がありません。さらに、ラジエタープロテクターが飛び散る破片から保護するだけでなく、ラジエター周囲やフレーム内への衝撃からのエネルギーを分散するブレースとしても機能します。
クロモリ鋼フレーム
流体力学的なレーザー切断およびロボット溶接されたフレームは、WP Performance Systemsにより専門家によって製作されています。フレームのたわみ特性は、リアショック機能、操作性および快適性を享受するために、特別にカスタマイズされています。標準フレームプロテクター付きのフレームおよびフレームに直接装備されているエンジンプロテクターにより、優れた保護性と耐久性を提供。
炭素繊維複合材製サブフレーム
複合材製サブフレームは、Husqvarnaの先駆的な技術と革新を際立たせる唯一のデザインです。この3ピースコンポーネントは、30 %がカーボンファイバー製で、驚くほど軽く(1.4 kg)作られています。最適なハンドリングとライダーの人間工学に合わせて計算された剛性が提供されるように特別に配慮されています。
Magura製油圧式クラッチ
高品質なドイツ製クラッチシステムは摩耗までも保証し、どのような状況でもほぼメンテナンスフリーな動作と完璧な調整を実現します。これは、温度の高低や長い使用時間に関わらず、クラッチの圧着点と機能が変化しないよう、遊びが一定に補正されることを意味します。
Maguraブレーキシステム
MY18では、Magura製のフロントおよびリアブレーキシステムが新たに導入されました。このシステムのレイアウト設計は従来のものと同様ですが、感度を向上して調節感覚を改善しつつ、最高レベルのパフォーマンスを実現しています。フロント260 mmディスク、リア220 mm。
WP Xplor 48
WP Xplor 48フロントフォークは、WP Performance Systemsにより、エンデューロ専用に開発されました。フォークは開口カートリッジレイアウトで構成されており、各回路内のバネとスプリットダンピング機能が備わっています。MY18では、フォークに新たなアウターチューブが搭載され、たわみ特性を向上する一方、摩擦が軽減されました。また、新たな高強度セッティングにより、感度が向上し、ボトミング耐性が上昇しました。
WPショックアブソーバー
WP製DCCショックアブソーバーは、コンパクトで軽量なデザインを維持しながら、進歩したダンピング特性を提供するよう設計されています。ショック内の圧力バランスにより、ストロークがよりシームレスになり、ライダーの快適性と操作性が高まる一方で、リザーバの外形は冷却能力を向上します。
CNCトリプルクランプ
22 mmの補正黒アルマイト加工処理したCNC切削トリプルクランプは、Husqvamaエンデューロモデルに最高の品質とスタイル標準を提供しています。トリプルクランプは優れた技術と材料を使用して専門家によって制作され、高いレベルの品質と信頼性を提供します。2方向のハンドルバー調整が標準装備され、人間工学に合わせてカスタマイズ可能です。
ホイールとタイヤ
ブラック仕上げのD.I.D製高強度合金リムは、軽量スポークとシルバーアルマイト加工のアルミニウム製ニップルを使用して、CNC機械加工ハブと連結されます。車輪にはMetzeler製の6日間エクストリームタイヤを装着し、様々な地形で最高のグリップを提供します。
42 mmスロットルボディ
FE 350は42 mm Keihin製スロットルボディが特徴です。インジェクターは、燃焼室へ最も効果的に燃料が流入するように配置されました。さらに、スロットルケーブルはスロットルリンケージシステムなしで直接装着されているため、スロットルの応答やフィーリングが迅速になりました。
マップスイッチおよびトラクションコントロール
マップスイッチは簡単に操作できるよう最適化されており、新しいトラクションコントロール機能も駆動します。ライダーによるスロットル入力や、エンジン内でのRPM上昇速度の分析によるスイッチおよび機能に基づきオンまたはオフを選択できます。RPMが急速の増加すると、ECUはグリップのロスを記録しリアホイールへのパワーを減らして最大トラクションを確保します。
ギア位置センサー
FE 350には専用の広範囲エンデューロタイプのギアを備えた6速トランスミッションがあります。シフティングフォークは特殊な低摩擦コーティングを採用し、スムースかつ正確なシフティングを保証します。また、ギアセンサーにより、各ギアに対してカスタマイズされた専用のエンジン特性を選択することで、最適な出力特性を提供します。
セルスターター
標準装備のセルスターターは、あらゆる状況での簡単な始動を保証します。このシステムは軽量かつ強力なリチウム電池を使用しているため、以前の電池よりも1 kg軽量になりました。

Technical Specs

Engine

  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 排気量 349.7 cm³
  • ボア 88 mm
  • ストローク 57.5 mm
  • スターター セルスターター
  • トランスミッション 6速
  • クラッチ 湿式、DDS多板クラッチ、Magura製油圧式
  • EMS Keihin製 EMS
  • CO2 emissions 87.4

Chassis

  • フレームデザイン 25CrMo4 スチール製セントラルチューブフレーム
  • フロントサスペンション プリロードアジャスター付 WP-USD Xplor 48
  • リアサスペンション WP製 リンク式モノショック
  • サスペンションストローク (フロント) 300 mm
  • サスペンションストローク (リア) 330 mm
  • フロントブレーキ マグラの2ピスト浮動型キャリパーとディスクブレーキ
  • リアブレーキ Magura製 1ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • キャスター角 63.5 °
  • 最低地上高 370 mm
  • シート高 970 mm
  • 燃料タンク容量 (約) 8.5 l
  • Weight without fuel 106.8 kg