FE 250 2017
TOTAL ENDURO PRECISION

最軽量で、最もコンパクトなHusqvarna 4ストロークエンデューロバイク。 非常に軽量でよりコンパクトなシャシーでの滑らかな4ストロークトルクおよびパワー 新しく精密に設計された重量わずか8.8 kgのフレームにより、アジリティが改善し、衝撃吸収が向上し、最適なリアショック機能が得られます。 新しく横方向に搭載されたヘッドステイはアジリティの処理を改善し、振動を低減します。 全ての2017 4ストロークモデルはFIMノイズ限界内で最大パフォーマンスを得るため、新しいヘッダーパイプと短縮化されたマフラーを搭載しています。 エンデューロライダーは最も厳しい条件に直面し、バイクを前に進めるために常にポジティブなトラクションを探しています。 2017タイプの4ストロークモデルには最適化されたマップスイッチがあり、トラクションコントロール機能も有効化します。

特徴と利点

エンジン
新しい250ccエンジンは、さらに強力、軽量かつコンパクトに再設計されました。すべての主要なコンポーネントおよびシャフトは、パッケージ全体の性能とハンドリング特性に最適になるように配置されています。その結果、以前よりエンジンは20mm短く、0.7 kg軽くなり、セルスターターを含めた総重量は27.6 kgになりました。さらに、出力特性は12,800rpm範囲まで向上しました。一方でエンジンはそのトルクの本質を維持するため、プロ・アマ両方のライダーがFE250を利用できます。
シリンダーヘッド
新しいシリンダーヘッドには最先端のテクノロジーが搭載され、重量と抵抗を著しく低下させています。新しいツインオーバーヘッドカムシャフトは150g軽くなり、低摩擦表面で回転します。さらに、4つの軽量チタニウム製バルブ(インテイク32.5mm、エクゾースト26.5mm)は、硬性が30%増したDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)塗装のロッカーアームにより動作します。一方、短くなった新しいDIDチェーンから成るカムチェーン、スプロケットおよびチェーンガイドなど全ては摩擦の軽減を目的としています。
ギアボックス
ギアボックスはシャフト位置を理想的な重力中心で格納するように加工されています。クラッチシャフト位置は11.1mm後方かつ26.9mm上に移動し、その結果エンジンは20mm短くなりました。ケーシングは高圧ダイキャスト生産方法で製造され、優れた信頼性を維持しつつ薄壁を実現しています。Husqvarnaを象徴するロゴはブロンズ仕上げのギアボックスカバーを装飾します。
クランクシャフト
新しいクランクシャフトはより強固となり、さらにストロークが6mm短くなりました。ストロークが短くなったことによりエンジンが自由に回転速度を増加できるので、迅速かつ応答性の高い出力特性が得られます。プレーンビッグエンドベアリングと圧入された2つのベアリングシェルは、最高レベルの信頼性と耐久性、そして135時間という長いメンテナンス間隔を保証しています。
クロモリ鋼フレーム
流体力学的なレーザー切断およびロボット溶接されたフレームは、MY 16と同等の形状を維持しつつ、WP Performance Systemsにより専門家によって製作されました。幅が6mm広く、高さが2mm低くなったスチールチューブは、ねじれ剛性を20%向上する一方、縦剛性を30%低下しています。ねじれ剛性の強化によりは安定性と敏捷性が向上し、縦剛性の低下により良好な衝撃吸収やサスペンション機能に役立つ優れた柔軟性がもたらされます。新しいフレームはわずか8.8 kgで、以前のモデルよりも0.6 kg軽量です。
炭素繊維複合材製サブフレーム
複合材料からなるサブフレームは、Husqvarna独自のデザインであり、テクノロジーとイノベーションのパイオニアであることを示しています。この3 つのパーツで構成されたコンポーネントは、30%が炭素繊維のため、非常に軽量であり(1.4 kg)以前のデザインよりも1 kg軽くなっています。最適なハンドリングとライダーの人間工学に合わせて計算された剛性が提供されるように特別に配慮されています。
アルミニウム製スイングアーム
中が空洞の鋳造アルミニウム製スイングアームは、可能な限り軽量でありつつ、最適な剛性と信頼性が得られるように設計されています。リア車軸の上の機械加工によりチェーン調整器を上から見ることが可能なのでメンテナンス時に便利です。
自動洗浄フットペグマウント
Husqvarna製フレームにはクレバーな自動洗浄型のフットペグマウントが搭載され、深い轍やぬかるみを走った際に泥の蓄積を防ぎます。その結果、フットペグは元の位置に跳ね戻り、完璧な制御が可能となります。大型のアルミニウム製フットペグにはエンデューロ専用のグリップパターンが施されています。ペグの位置はMXモデルよりも6mm高いので、岩や深い轍を走る際に地面との十分な間隔が得られます。
マップスイッチおよびトラクションコントロール
MY17 FE 250には新しいハンドルバーマップスイッチが備わっています。マップスイッチは簡単に操作できるよう最適化されており、新しいトラクションコントロール機能も駆動します。ライダーによるスロットル入力や、エンジン内でのRPM上昇速度の分析によるスイッチおよび機能に基づきオンまたはオフを選択できます。RPMが急速の増加すると、ECUはグリップのロスを記録しリアホイールへのパワーを減らして最大トラクションを確保します。
セルスターター
標準装備のセルスターターは簡単な始動を保証します。FE 250にはミツバ製の新しい始動モーターが搭載されており、新しいリチウム電池と組み合わせると以前より1 kg軽量になりました。
機能的な車体構造
独特の未来的な車体がMY17の目覚ましい飛躍を明確に示しています。さらに、印象的なパールブルーとエレクトリックイエローの色やグラフィックがスウェーデンにインスパイアされたデザインをスタイリッシュに彩っています。全く新しい人間工学により、ライダーの制御性と快適性が向上したため、ライダーはトップレベルのパフォーマンスを長時間維持できます。シートは高いクリップシートカバーで低めに設計されているので、ライダーは激しい加速や滑りやすい状況下でも安定して維持されます。
ホイールとタイヤ
DID製の黒色高強度合金製リムは、軽量スポークと銀で陽極酸化処理したアルミニウム製ニップルを使用したCNC加工ハブに連結しています。車輪には新しいMetzeler製の6日間エクストリームタイヤを装着し、様々な地形で最高のグリップを提供します。
WP Xplor 48
WP Xplor 48フロントフォークは、WP Performance Systemsにより、エンデューロ専用に開発された全く新しい機能です。フォークは開口カートリッジレイアウトで構成されており、各回路内のバネとスプリットダンピング機能が備わっています。コンプレッションは左側から調整可能で、フォークチューブ最上部にあるクリッカー経由で右側にリバウンドします。さらに、標準装備のプリロード調整器を使ってライダーはツールなしでプリロードを調整できるので、新しいシステムの設定はシンプルで簡単です。
WPショックアブソーバー
WP DCCのショックアブソーバーは、小型かつ軽量でありながら、高度なダンピング機能を提供するように設計されています。新しいショックアブソーバーの重量はわずか 3.7 kg で、以前のバージョンよりも0.36 kg軽量です。ショック内の圧力バランスによりダンピングは改善されるので、ライダーの快適性と操作性が高まる一方で、リザーバの外形は冷却能力を向上します。コンポーネントも完全に調整可能で、特殊な形状のリンクシステムに一致するため、最良のトラクションと吸収力を提供します。
Bremboブレーキ
トップクラスのBremboキャリパーとコントロールには、高品質なGSKディスクが搭載され、あらゆる状況で信頼性の高い優れたブレーキ性能を提供します。MY17では、リヤブレーキキャリパーは、26mmより小さい直径24mmのピンと長さ10mmのリヤブレーキレバーを一緒に使用しているため、調節と操作性が向上されました。
ODIロックオングリップ
左側の新しいODI製ロックオングリップは粘着剤不要です。一方右側は、スロットル機構と一体化された革新的な加硫製法グリップです。アッセンブリは遊びを容易に調整することができ、カムを変更することでスロットル特性を変更できます。