FE 350 2017
ENDURO PROGRESSION

パワー、重量および使いやすさの完璧なバランス! 多用途性の縮図でもあるFE350のエンジンは、FE250と同等のデリバリーおよびスロットルレスポンスが可能ですが、幅広く制御しやすい450に匹敵する性能も備えています。 2017では、エンジンは旧デザインよりも0.7 kg軽量で、20 mm短くなっています。 パフォーマンスの向上、マスの集中化および軽量化により、乗車能力は新しいレベルまで進化しました。 FE 350には専用の広範囲エンデューロタイプのギアを備えた6速トランスミッションがあります。 低摩擦シフターフォーク塗装は精密なシフトをアシストし、新しいギアセンサーによりエンジンマネジメントシステム(EMS)は各ギアに固有のエンジンマップを選択できます。 スマートで新しいギアレバーデザインは土汚れの堆積を防ぎ、バネを使って元の位置に戻り完璧な制御を可能にします。

特徴と利点

エンジン
新しいDOHC 350ccエンジンはトップレベルの汎用性を誇ります。FE 350の構造はFE 250とほぼ同様ですが、パワーとトルクが大幅に向上し、軽量の450に匹敵する性能を提供します。その結果、以前よりエンジンは20mm短く、0.7 kg軽くなり、セルスターターを含めた総重量は28.5 kgになりました。
クランクシャフト
新しいクランクシャフトはより強固なだけでなくコンロッドが短くなりました。ストロークが短くなったことによりエンジンが自由に回転速度を増加できるので、迅速かつ応答性の高い出力特性が得られます。プレーンビッグエンドベアリングと圧入された2つのベアリングシェルは、最高レベルの信頼性と耐久性、そして135時間という長いメンテナンス間隔を保証しています。
ギアボックス
ギアボックスはシャフト位置を理想的な重力中心で格納するように加工されています。クラッチシャフト位置は11.1mm後方かつ26.9mm上に移動し、その結果エンジンは20mm短くなりました。ケーシングは高圧ダイキャスト生産方法で製造され、優れた信頼性を維持しつつ薄壁を実現しています。Husqvarnaを象徴するロゴはブロンズ仕上げのギアボックスカバーを装飾します。
内蔵型冷却システム
ラジエターは高力アルミニウムを使用してWP Performance Systemsにより専門家によって製作されました。空気をより効果的にラジエターに流し、あらゆる状況下で最適な冷却を可能にするようにCFD(数値流体力学)を活用しています。冷却システムがフレームに内蔵されているので、冷却液をフレームに流すことで熱分散が向上されます。ホースを追加する必要がありません。さらに、ラジエタープロテクターが飛び散る破片から保護するだけでなく、ラジエター周囲やフレーム内への衝撃からのエネルギーを分散するブレースとしても機能します。
クロモリ鋼フレーム
流体力学的なレーザー切断およびロボット溶接されたフレームは、MY 16と同等の形状を維持しつつ、WP Performance Systemsにより専門家によって製作されました。幅が6mm広く、高さが2mm低くなったスチールチューブは、ねじれ剛性を20%向上する一方、縦剛性を30%低下しています。ねじれ剛性の強化によりは安定性と敏捷性が向上し、縦剛性の低下により良好な衝撃吸収やサスペンション機能に役立つ優れた柔軟性がもたらされます。新しいフレームはわずか8.8 kgで、以前のモデルよりも0.6 kg軽量です。
炭素繊維複合材製サブフレーム
複合材料からなるサブフレームは、Husqvarna独自のデザインであり、テクノロジーとイノベーションのパイオニアであることを示しています。この3 つのパーツで構成されたコンポーネントは、30%が炭素繊維のため、非常に軽量であり(1.4 kg)以前のデザインよりも1 kg軽くなっています。最適なハンドリングとライダーの人間工学に合わせて計算された剛性が提供されるように特別に配慮されています。
Magura製油圧式クラッチ
FE 350は新しいMagura製油圧式クラッチシステムが特徴です。高品質のドイツ製クラッチシステムは、どのような状況でもクラッチの完璧な調整を保証します。つまり、温度の高低や使用時間の長さに関わらず、クラッチの圧力点と機能が変化しないよう、遊びが一定に補正されます。Magura製クラッチは摩耗特性にも優れた特徴があり、ほぼメンテナンスフリーです。
Bremboブレーキ
トップクラスのBremboキャリパーとコントロールには、高品質なGSKディスクが搭載され、あらゆる状況で信頼性の高い優れたブレーキ性能を提供します。MY17では、リヤブレーキキャリパーは、26mmより小さい直径24mmのピンと長さ10mmのリヤブレーキレバーを一緒に使用しているため、調節と操作性が向上されました。
42 mmスロットルボディ
FE 350は全く新しい42 mmのKeihinスロットルボディが特徴です。インジェクター位置が修正され、燃焼室へ最も効果的に燃料が流入するように配置されました。さらに、スロットルケーブルはスロットルリンクなしで直接装着されているため、スロットルの応答やフィーリングが迅速になると同時に100g軽量化されました。
マップスイッチおよびトラクションコントロール
新しいマップスイッチにより、ライダーは2つのエンジンマップから選択できるようになりました。マップスイッチは簡単に操作できるよう最適化されており、新しいトラクションコントロール機能も駆動します。ライダーによるスロットル入力や、エンジン内でのRPM上昇速度の分析によるスイッチおよび機能に基づきオンまたはオフを選択できます。RPMが急速の増加すると、ECUはグリップのロスを記録しリアホイールへのパワーを減らして最大トラクションを確保します。
ギア位置センサー
FE 350には専用の広範囲エンデューロタイプのギアを備えた6速トランスミッションがあります。シフトフォークには特殊な低摩擦塗装が施され、滑らかで正確なシフトを確実にします。新しいギアセンサーにより、エンジンマネジメントシステムは、各ギアに対してカスタマイズされた専用のエンジンマップを選択することで、最適な出力特性を実現します。
セルスターター
標準装備のセルスターターは簡単な始動を保証します。FE 350にはミツバ製の新しい始動モーターが搭載されており、新しいリチウム電池と組み合わせると以前より1 kg軽量になりました。
WP Xplor 48
WP Xplor 48フロントフォークは、WP Performance Systemsにより、エンデューロ専用に開発された全く新しい機能です。フォークは開口カートリッジレイアウトで構成されており、各回路内のバネとスプリットダンピング機能が備わっています。コンプレッションは左側から調整可能で、フォークチューブ最上部にあるクリッカー経由で右側にリバウンドします。さらに、標準装備のプリロード調整器を使ってライダーはツールなしでプリロードを調整できるので、新しいシステムの設定はシンプルで簡単です。
WPショックアブソーバー
WP DCCのショックアブソーバーは、小型かつ軽量でありながら、高度なダンピング機能を提供するように設計されています。新しいショックアブソーバーの重量はわずか 3.7 kg で、以前のバージョンよりも0.36 kg軽量です。ショック内の圧力バランスによりダンピングは改善されるので、ライダーの快適性と操作性が高まる一方で、リザーバの外形は冷却能力を向上します。コンポーネントも完全に調整可能で、特殊な形状のリンクシステムに一致するため、最良のトラクションと吸収力を提供します。
CNC加工トリプルクランプ
22 mmの補正黒アルマイト加工処理したCNC切削トリプルクランプは、Husqvamaエンデューロモデルに最高の品質とスタイル標準を提供しています。トリプルクランプは優れた技術と材料を使用して専門家によって制作され、高いレベルの品質と信頼性を提供します。2方向のハンドルバー調整が標準装備され、人間工学に合わせてカスタマイズ可能です。
ホイールとタイヤ
DID製の黒色高強度合金製リムは、軽量スポークと銀で陽極酸化処理したアルミニウム製ニップルを使用したCNC加工ハブに連結しています。車輪には新しいMetzeler製の6日間エクストリームタイヤを装着し、様々な地形で最高のグリップを提供します。