TE 250i 2018
Revolutionary 2-stroke

2ストロークテクノロジーにおいて革命とも言えるTE 250iは、シンプルかつメンテが楽な2ストロークを採用し、さらにシンプルさが増しています。電気式燃料注入の導入に加え、燃料供給は自己調整されています。これは、さまざまな高度や気温でのジェッティングが不要となり、常に完璧に制御された出力特性が確立されることを意味します。また、2ストロークオイルは、一定の割合で独立して供給されます。そのため、燃料とオイルの予混合が不要となり、準備時間が短縮され、より多くの時間を走りに費やすことができます。

特徴と利点

エンジン
TE 250iは先駆的な電気式燃料注入システムを特徴としています。これは転送ポートに配置された燃料インジェクターのセットで構成されています。これにより、あらゆる条件下でエンジンに理想的な燃料量を提供します。燃料消費と排気量が減少するだけではなく、クリーンでよりスムースな出力供給を実現し、人気の2ストロークに新たな切れ味を提供します。
シリンダー
新しいシリンダー設計では、シリンダー裏側で、一対の燃料インジェクターが装着されている転送ポートに、2つのインレット位置があります。これらのインジェクターは転送ポートに向けて燃料を下方向に供給し、燃料室に向けて上方向に移動する空気により、優れた噴霧を保証します。これにより、燃焼がより効率化され、燃料消費と排気が軽減されます。
スロットルボディ
TE 250iに採用された39 mmスロットルボディは、新たなハンドルバースロットルアッセンブリに接続されたデュアルスロットルケーブルで動作するバタフライを介し、エンジンに吸入される空気量を制御します。4ストロークスロットルボディとは異なり、この時点で燃料は導入されません。ただし、2ストロークオイルはエンジンに吸入される空気と混合され、クランクシャフト、シリンダーおよびピストンを潤滑化します。さらに、スロットル・ポジション・センサー(TPS)が空気量データをECUに中継し、そこでエンジンに注入されるオイルおよび燃料の量を計算します。そして、バイパススクリューがアイドリング速度を制御し、コールドスタート装置がバイパスを開いてコールドスタートに必要な空気量を提供します。
オイルタンクとポンプ
TE 250iは、不可欠な2ストロークオイルをエンジンに供給する電気オイルポンプを搭載しています。このポンプは、オイルタンクの真下にあり、スロットルボディを介してオイルを供給します。つまり、オイルが燃料と混合されることがないため、従来の2ストロークエンジンのように事前に混合する必要があります。このポンプは、エンジン・マネージメント・システムにより制御され、現在のRPMに応じて最適なオイル量とエンジン負荷を供給するため、無駄を軽減するだけではなく、マフラーから排出される余分なスモークも減らせます。オイルタンクは燃料タンクの下にあり、フレームの上方チューブからタンクキャップ(再充填が容易な場所に配置)まで伸びるタンクホースに接続されています。タンクの容量は0.7 lで残量センサーに接続されており、タンクを再充填する必要がある場合、ライダーに発光して知らせます。
クロモリ鋼フレーム
流体力学的なレーザー切断およびロボット溶接されたフレームは、WP Performance Systemsにより専門家によって製作されています。フレームのたわみ特性は、リアショック機能、操作性および快適性を享受するために、特別にカスタマイズされています。一方、上方フレームチューブはタンクキャップを内蔵し、オイルタンクまで下方向に伸びるホースを格納しており、容易にアクセスでき、オイルの充填も簡単です。標準フレームプロテクター付きのフレームおよびフレームに直接装備されているエンジンプロテクターにより、優れた保護性と耐久性を提供。
WP Xplor 48
WP Xplor 48フロントフォークは、WP Performance Systemsにより、エンデューロ専用に開発されました。フォークは開口カートリッジレイアウトで構成されており、各回路内のバネとスプリットダンピング機能が備わっています。MY18では、フォークに新たなアウターチューブが搭載され、たわみ特性を向上する一方、摩擦が軽減されました。また、新たな高強度セッティングにより、感度が向上し、ボトミング耐性が上昇しました。
WPショックアブソーバー
WP製DCCショックアブソーバーは、コンパクトで軽量なデザインを維持しながら、進歩したダンピング特性を提供するよう設計されています。ショック内の圧力バランスにより、ストロークがよりシームレスになり、ライダーの快適性と操作性が高まる一方で、リザーバの外形は冷却能力を向上します。
炭素繊維複合材製サブフレーム
複合材製サブフレームは、Husqvarnaの先駆的な技術と革新を際立たせる唯一のデザインです。この3ピースコンポーネントは、30 %がカーボンファイバー製で、驚くほど軽く(1.4 kg)作られています。最適なハンドリングとライダーの人間工学に合わせて計算された剛性が提供されるように特別に配慮されています。
Maguraブレーキシステム
MY18では、Magura製のフロントおよびリアブレーキシステムが新たに導入されました。このシステムのレイアウト設計は従来のものと同様ですが、感度を向上して調節感覚を改善しつつ、最高レベルのパフォーマンスを実現しています。フロント260 mmディスク、リア220 mm。
セルスターターとキックスターター
TE 250iには、エンジンケースの下にセルスターターがすっきりと格納されています。このシステムは軽量かつ強力なリチウム電池を使用しているため、以前の電池よりも1 kg軽量になりました。標準のキックスターターの装着により、さらなる安心が提供されます。
工具不要なエアフィルターへのアクセス
エアボックスにはインレットダクトが正確に配置され、空気の変形を防ぎ、空気流を最大化してフィルター保護を確実にします。エアフィルターは、左サイドパネルを外すことにより、工具なしで容易にアクセスできます。Twin Air製フィルターおよび、安全かつ確実にフィルターを取り付けるための、シンプルでミスを起こし難いマウントシステムを特徴とするフィルターケージデザインにより、容易なメンテナンス性が約束されています。
Magura製油圧式クラッチ
高品質なドイツ製クラッチシステムは摩耗までも保証し、どのような状況でもほぼメンテナンスフリーな動作と完璧な調整を実現します。これは、温度の高低や長い使用時間に関わらず、クラッチの圧着点と機能が変化しないよう、遊びが一定に補正されることを意味します。
機能的な車体構造
独特の未来的な車体がエンデューロレンジを強調する一方、印象的なパールブルーとエレクトリックイエローの色やグラフィックが、スウェーデンにインスピレーションを受けたデザインをスタイリッシュに彩っています。高度な人間工学により、ライダーに優れた制御性と快適性を提供し、トップレベルのパフォーマンスを長時間維持できます。
地図選択スイッチ

ライダーの好みやコンディション、地形に応じて、出力供給を変更できるスタンダードマップ・セレクト・スイッチによって、エンジン特性を調整することができます。

自動洗浄フットペグマウント
Husqvarna製フレームにはクレバーな自動洗浄型のフットペグマウントが搭載され、深い轍やぬかるみを走った際に泥の蓄積を防ぎます。その結果、フットペグは元の位置に跳ね戻り、完璧な制御が可能となります。大型のアルミニウム製フットペグにはエンデューロ専用のグリップパターンが施されています。ペグの位置はMXモデルよりも6mm高いので、岩や深い轍を走る際に地面との十分な間隔が得られます。
Pro Taper製ハンドルバー
Pro Taper製ハンドルバーは、機能面、スタイル面ともに最高レベルにあります。厳格な基準の元に製造されたPro Taper製ハンドルバーは、重量増を最小限に抑えながら、クラス最高の耐疲労性を備えています。Pro Taperのロゴは化学的に処理され、ひっかき傷や剥離に対して耐性があります。

諸元表

エンジン

  • デザイン 単気筒、2ストロークエンジン
  • 排気量 249 cm³
  • ボア 66.4 mm
  • スターター キックおよびセルスターター
  • トランスミッション 6速
  • プライマリードライブ 26:73
  • クラッチ 湿式、DDS多板クラッチ、Magura製油圧式
  • EMS Synerject
  • CO2 emissions 66.0 g/km
  • 消費燃料 2.87 l/100 km

シャシー

  • フレームデザイン 25CrMo4 スチール製セントラルチューブフレーム
  • フロントサスペンション プリロードアジャスター付 WP-USD Xplor 48
  • リアサスペンション WP製 リンク式モノショック
  • サスペンションストローク (フロント) 300 mm
  • サスペンションストローク (リア) 330 mm
  • フロントブレーキ マグラの2ピスト浮動型キャリパーとディスクブレーキ
  • リアブレーキ Magura製 1ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • キャスター角 63.5 °
  • ホイールベース 1495 ± 10 mm
  • 最低地上高 370 mm
  • シート高 960 mm
  • 燃料タンク容量 (約) 9.25 l
  • Weight without fuel 105.2 kg