伝説のはじまり
1903年以来
  • 兵器工場

    スウェーデン国王の命令により、兵器工場がHusqvarnaに建設されました。

  • ミシン

    兵器工場は鋳鉄製のキッチン用品およびミシンを製造し始めました。

  • キッチン用品

    兵器工場は鋳鉄製のキッチン用品およびミシンを製造し始めました。

  • 自転車

    Husqvarnaの製品には自転車が含まれています。

19
03

伝説の遍歴が始まる

Husqvarnaの最初のモーターサイクルは1903年に発表されました。原動機付き自転車です。 製造を中断しなかった最古のオートバイメーカーとして、Husqvarnaは感謝すべきことに110年におよぶ開発の中でいくつかのことを学びました。

1933

最初の勝利の味

1933年および1934年のロードレースシーズンに、Husqvarnaは表彰台の最上段の常連となりました。過去80年に渡ってレースを続けてきたファミリーの伝統です。

19
53

モーターサイクルの誕生

戦後のヨーロッパでは、ベルギーで「モトクロス」と名付けられた、新しい形のモーターサイクルスポーツが人気となりました。 オフロード走行用として急速に人気を集めた、軽量で改造が容易なHusqvarnaの単気筒ロードバイクとともに、1953年にはレースはヨーロッパ全土へと広まりました。

1955

象徴的なSilverpilen

Husqvarnaのネイティブなスウェーデン語で「銀の矢」を意味し、オフロード走行を目的に造られた先駆的なHusqvarnaでした。 敏捷でわずか75kgの重さ、テレスコピックフォーク、油圧式ダンパー、そしてフレームマウントのエンジンは、当時革命的でした。

19
59

Husqvarna最初のワールドモトクロスチャンピオン

Rolf Tibblinは250 ccのHusqvarnaを駆って1959年のタイトルを獲得しました。 TibblinとHusqvarna、双方にとって長い栄光のモトクロスレースキャリアが幕を開けました。彼は「モトクロス・オブ・ネイションズ」での優勝やバハ1000のタイトルなど、いくつもの世界タイトルを獲得しました。

1960

最高の栄誉

1960年、Bill Nilssonは500 ccクラスで最初のHusqvarna世界タイトルを勝ち取りました。 HusqvarnaはTibblinによる1959年の250 ccでの勝利から学び、Nilssonのために勝つための最高のバイクを製造し、Husqvarnaのビッグボアモトクロスにおける圧倒的な時代をスタートさせました。

19
63

輝かしい1960年、1970年代!

成長と人気の中で、オフロードモーターサイクルに乗ることがブームになっていたちょうどその頃、Husqvarnaにとっての黄金時代が始まろうとしていました。 一貫して、世界最大級のレースや選手権で勝利を重ね、Husqvarnaはワールドモトクロスにおいて圧倒的な勢力となりました。 14のモトクロスワールドタイトル、24のヨーロッパエンデューロチャンピオン、11のバハ1000の勝利により、Husqvarnaは瞬く間にその時代の究極のオフロードモーターサイクルレーシングブランドになりました。

19
70

伝説を打ち立てる

1970年代を通じて、Husqvarnaは増え続ける栄誉リストにアメリカとヨーロッパのモトクロスおよびエンデューロタイトルを積み重ね、世界的なオフロードにおける勝利の行進を続けました。

1977

大きなビジネスとなったダートバイク

Husqvarnaの伝説はオフロードシーンを越えて広まりました。1970年代後半には、かつてのニッチなモーターサイクルメーカーが、突然企業の投資対象となりました。 1977年、スウェーデンの大企業の1つであるElectrolux社が、Husqvarna Motorcyclesを買収しました。

19
83

道を切り開く

Husqvarnaが1983年に新しいスタイルの500 cc4ストロークモデルを発表すると、新たなベンチマークとなります。 軽量で、扱いやすい空冷オフローダーは、新時代の4ストローク競技用モーターサイクルの先駆けとなりました。

19
87

南へ

1987年、Husqvarnaのモーターサイクル部門はイタリアのモーターサイクルメーカーCagivaに売却され、MV Agusta Motorの傘下に入りました。 「Huskies(ハスキー) / Husky(ハスキー)"として広く知られるモーターサイクルは、それ以降ヴァレーゼで生産されます。

1988

大きな分裂

Husqvarna motorcyclesが1987年にCagiva MV Agustaに買収されたとき、1988年にイタリアに移転する計画になっていました。 中核となるHusqvarnaの開発チームはスウェーデンに残ることを選び、1988年に独立して「Husaberg」が誕生しました。

20
07

BMWが伝説を買収

BMWは、オフロードモーターサイクル部門の拡大を図る意欲的な計画により、2007年にHusqvarna Motorcyclesを買収しました。 Husqvarnaの長い歴史とオフロード界における比類なき栄誉の数々は魅力的な提案でした。

20
13

歴史的な再会、再び2つが1つになる

2013年、Pierer Industries AG(Husabergのオーナー)はHusqvarna Motorcyclesを買収しました。1960年代、1970年代の本来のHusqvarnaブランドの再統合です。 2014年、「新しい」Husqvarna Motorcyclesブランドは、最新の技術とスウェーデンの象徴的な配色で栄誉ある原点に戻りました。 エンデューロやモトクロスバイクの新しい製品は、最も古いメーカーの1つがオフロードモーターサイクルスポーツのトップに復帰したことを周知させました。伝説の物語が続きます。

20
14

大成功

2014年は、「新世代」Husqvarna Motorcyclesブランドの最初の完全事業年度となりました。 クラシックな白、青、黄色のボディに戻り、オートバイ愛好家たちによる歓迎は世界規模で並外れたものとなり、販売台数と年間売上高の記録でも強調されました。

20
15

ストリートへの大胆な復帰

2015年、Husqvarna Motorcyclesは将来のビジョンを明確にしました。 2016年Husqvarna 701 SUPERMOTOモデルのリリースにより、単気筒ストリートモーターサイクルでの自分たちのルーツへの復帰を果たしました。 Folke Mannerstedtの画期的で高性能だがコンパクトな4 ストロークエンジンデザインにより、取り組みは1930年代に有名になりました。

20
16

確かな一歩

2016年、Husqvarnaは記録的な売り上げと成長により、新たな境地を開拓し続けています。VITPILEN 401およびSVARTPILEN 401製品モデルが世界に発表され、2015年にヴェールを脱いだVITPILEN 701コンセプトはフル生産モデルへと向けて大きく前進しており、Husqvarnaのストリートへの復帰が確かなものとなっています。

20
17

実現したビジョン

このブランドでは、革新性と前進性に焦点を当てることで、さらに大きな成長を目指しています。EICMA 2017では、VITPILEN 701の連続生産モデルが発表され、SVARTPILEN 701の施策がそのヴェールを脱ぎ、Husqvarnaのストリート仕様製品群の今後の進化について、そのユニークな方向性を垣間見ることができました。