モトクロス

2 ストロークエンジン

4 ストロークエンジン

MOTOの創成期

1950年代、Husqvarnaの超軽量でコンパクトな「Silverpilen」ストリートモデルは、オフロード走行に適した自分で改造したバイクを造りたいライダーたちの最初の選択でした。

最初の公式なヨーロッパモトクロスチャンピオンシップは1952年に開催されました。そして最初のワールドチャンピオンシップは1957年に行なわれました。

Husqvarnaの最初のモトクロスチャンピオンシップのタイトルは、1959年(Rolf Tibblinによるヨーロッパでの250 ccタイトル)と1960年(Bill Nilssonによる500 ccの世界タイトル)でした。

1962年と1963年。HusqvarnaはRolf TibblinとTorsten Hallmanと共に1シーズンに250 ccと500 ccの世界タイトルを圧巻しました。

最初のモトクロス競技用モデルの生産は1963年。Hallmanのチャンピオンバイクのレプリカ100台が生産されました。

Torsten Hallmanが好きなライダーたちによって、大西洋を越えてスポーツがアメリカに紹介された功績にとって、スポーツは1960年代後半から1970年代に爆発的な人気となりました。

1979年までに、Husqvarna Motorcyclesは13のモトクロスワールドタイトル、9度のバハ1000優勝、そしてアメリカ国内大会と伝説のTrans-AMAシリーズで数々の勝利を収めました。

表彰台への大胆な復帰

2015年のHusqvarnaのSupercrossf復帰で、450 ccルーキーのJason Andersonはアナハイムでのシーズン開幕戦で印象に残る2位を獲得しました。チームメイトのZack Osbourneも、メインイベントの250 ccクラスで2位となりました。

Christophe Pourcelは、Husqvarnaが復帰した2015年のAMAナショナルモトクロスチャンピオンシップにおいて、450 ccクラスで幾度となく予選ポールポジションを獲得し、レースで表彰台にも上がりました。

史上最も期待されていたMXGPの2015年開幕戦において、Max Naglは、Husqvarna FC 450ファクトリーバイクを駆り、納得のダブルウィンを飾りました。

Naglは勝ち続け、シーズン半ばのケガでタイトル獲得の望みが絶たれるまで、2015年MXGPワールドチャンピオンシップで首位を独走していました。