TC 85 19/16 2018
The new age

新たな世代のTC 85はすべて、フルサイズのHusqvarnaモトクロス製品ラインで採用されている実証済みの技術が多く使用されており、競争の激しい85 ccクラスの水準を引き上げています。新しいフレームおよび最先端のWPリアショックを装備したことにより、若い世代のミニライダーも自信をもって限界に挑むことができます。その一方、新たなエンジンは、より強力かつ制御性の高い出力を提供するため、未来のスター候補生たちにトップレベルのパフォーマンスと耐久性を保証します。

特徴と利点

フレーム
クロームモリブデン鋼フレームの構造は、WP Performance Systemsにより専門的に製造されています。これは、精巧なロボット溶接により結合されたハイドロフォームチューブを使用して、最高レベルの安定した品質を実現します。
WP AER 43
WP AER 43は、左フォークにカプセル型エアスプリングを使用したスプリットフォーク設計を採用し、右フォークに信頼性の高いオイルダンピングシステムを搭載しています。この新たなコンポーネントは、リアショックの性能を大幅に向上し、ホイールトラベルを合計280 mmにまで増加しました(+10 mm)。
WP Xplorショックアブソーバー
リアには、特定のバージョンの新たなWP XPlor PDSショックアブソーバーをTC 85に装着しました。この設計により、連続性と応答性が向上します。また、装着角度を3°低下すると、さらに向上されます。ホイールトラベルは5 mm増加し、合計305 mmになりました。
サブフレーム
軽量アルミニウム製の新しいサブフレームは、より短く、コンパクトな形状となっています。その結果、コンポーネントは75 mm短く、0.2 kg軽くなりました。そのため、総重量の軽減だけでなく、マスの集中化の改善も実現しました。
エアボックス
エアフィルターは、左サイドパネルを外すことにより、工具なしで容易にアクセスできます。Twin Air製フィルターおよび、安全かつ確実にフィルターを取り付けるための、シンプルでミスを起こし難いマウントシステムを特徴とするフィルターケージデザインにより、容易なメンテナンス性が約束されています。
冷却
WP Performance Systemsが製作した新たなラジエターは、CFD(数値流体力学)を活用した設計で、冷却フィンに理想的な空路を提供します。冷却回路の経路の修正により、新たなシステムは最適なエンジン温度を提供し、最高のパフォーマンスを実現します。
スイングアーム
重力鋳造生産プロセスによって製造された1ピースのアルミニウム製スイングアームは、卓越した強度を最小重量で提供します。チェーン調整のマーキングは上から確認できるため、チェーン調整がシンプルになり、メンテナンスが容易になります。
エグゾースト
この新たなエグゾーストシステムは、エンジンのパワー特性に最適で、あらゆる条件下で際立った性能と乗車能力を提供します。さらに、新たなマフラーは50 mm短いため、マスの集中化が改善されています。
エンジン
TC 85のエンジンは最新の2ストロークテクノロジーを搭載し、競争の激しい85ccクラスで比類ない性能を発揮します。エンジンはボアとストロークを維持したまま0.69 kg軽量化し、完全なRPM範囲とともにパワーと乗車能力を向上しています。
シリンダー
シリンダーはあらゆる新しいパワーバルブシステムに対応するように設計されています。新たなシステムは排気バルブとサブ排気ポートの両方を制御し、パワー、トルクおよび制御性を大幅に向上します。その結果、TC 85はミッドレンジのパフォーマンスが大きく向上し、ローム質土壌または砂地でクラッチを使用する必要性が減少します。
クランクケース
クランクケースは高圧鋳造生産プロセスで製造され、優れた強度と耐久性を維持しつつ薄壁を実現しています。新しいケースの設計は、よりコンパクトで、可能な限りシャフト配置を重心に近づけるようにして、ハンドリングを向上しています。
クラッチ
TC 85では、従来のコイルスプリング設計の代わりにダイヤフラムスプリングクラッチが採用されました。この新たな設計では0.4 kgの軽量化を実現し、よりコンパクトで耐久性が向上しています。クラッチはFormula製油圧式システムで作動します。これは、遊びが常に補正され、クラッチポイントが異なる条件下や時間を経ても同じ状態に維持されます。
ODIロックオングリップ
TC 85には、高品質なODIロックオングリップスタンダードが搭載されています。このシステムは、右側に加硫製法グリップ、左側にロックオングリップを搭載しており、装着に接着剤やワイヤーは不要です。
ホイール
Maxxisタイヤに黒色のエキセルリムとCNC機械加工ハブが装着されており、様々な地形で際立ったパフォーマンスを提供します。ブロックパターンとゴムコンパウンドが、卓越した直進安定性と、優れたトラクション性能、過渡特性を発揮します。
ボディワーク
TC 85は、ボディーワークを一新し、85ライダーの体形に正確に適合するように設計されています。その接触点とフィーリングから、卓越した人間工学を提供し、ライダーの高い信頼性を実現する一方で、自由かつ制限のない動きが可能となるスペースを提供しています。
ブレーキ
フロントのFormula製4ピストンブレーキキャリパーと240mmウェーブディスク、リアの2ピストンキャリパーと210 mmウェーブディスクにより、パワフルかつ信頼性の高いブレーキングを実現します。リアキャリパーのピストンサイズは、2 mm小型化され22mmになりました。また、新たなリヤブレーキレバーと合わせて、調節と操作性が向上されました。

諸元表

エンジン

  • デザイン 単気筒、2ストロークエンジン
  • 排気量 84.9 cm³
  • ボア 47 mm
  • スターター キックスターター
  • トランスミッション 6速
  • プライマリードライブ 20:64
  • セカンダリーギアレシオ 13:49
  • クラッチ 湿式、多板クラッチ、Formula製油圧式
  • EMS MEDJ digital

シャシー

  • フレームデザイン クロームモリブデン鋼製セントラルチューブフレーム
  • フロントサスペンション WP-USD, AER 43, Ø 43 mm
  • リアサスペンション WP Xplor PDS ショックアブソーバー
  • サスペンションストローク (フロント) 280 mm
  • サスペンションストローク (リア) 305 mm
  • フロントブレーキ Formula製 ディスクブレーキ
  • リアブレーキ Formula製 ディスクブレーキ
  • リアブレーキディスク径 210 mm
  • チェーン 428
  • キャスター角 66 °
  • ホイールベース 1290 ± 10 mm
  • 最低地上高 377 mm
  • シート高 875 mm
  • 燃料タンク容量 (約) 5 l
  • Weight without fuel 68 kg