Supermoto

2000年~2009年、 SUPERMOTOの黄金時代

ハイブリッドスポーツであるスーパーモトは、ロードレース、ダートトラック、モトクロスに必要とされるさまざまな技術を1つの動作にまとめたスポーツです。

その新しいレースは1990年後半に大きな成長を遂げました。そして2002年に最初の公式ワールドチャンピオンシップが開催されました。

その新しいレースは1990年後半に大きな成長を遂げました。そして2002年に最初の公式ワールドチャンピオンシップが開催されました。

Eddy Seelの2003年タイトルは、Husqvarna Motorcyclesのスーパーモトにおける黄金時代の幕開けとなりました。

新しいタイプのヒーローたち

スーパーモトワールドチャンピオンシップは、世界金融危機の後数年間は見送られましたが、2015年に復活しました。新しいタイプの若いヒーローたちは、最新のHusqvarnaで勝利に向けた戦いに挑みました。

Husqvarnaの新世代のスーパーモトモデルは、スーパーモトの真髄です。綺麗なライン、純粋な機能性、最高級のコンポーネントなど、すべての面でシンプルなスウェーデンデザインを具現化しました。

オーストリアのスーパーモトの神童、Lukas Höllbacherは、2015年に新しいHusqvarna FS 450を初のスーパーモトチャンピオンシップレース優勝に導きました。そしてその後チェコの若いPavel Kejmarが新しいバイクを駆り、最初の総合グランプリで勝利を飾りました。そしてHöllbacherは、最終ラウンドで決定的なダブルウインを飾り、ランキング3位でシーズンを終えました。