• Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen

    Hej Salzburg

  • Hej Salzburg

    Henrik Kristoffersen(スキーレーサー、情熱的なモーターサイクルライダー)

    情熱、精密さ、そして目的を持つことで、Henrik Kristoffersenは世界チャンピオンのスキーヤーとなりました。同氏は自分のHusqvarnaモーターサイクルにも同じクオリティを見つけています。

    「私は自分らしいことをしたいのです。他の人がしないことをです。節度は臆病者のためのものです」プロスキーヤー、オリンピックのスラロームメダリスト、HusqvarnaアンバサダーであるHenrik Kristoffersenはこう言います。ひたむきな思いですが、妥協はチャンピオンを生み出しません。同氏の言葉は、すべての熱心なモーターサイクリストにとってもマントラになる可能性があります。

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrikの目的の特異性と自ら選んだスポーツへの注力により、同氏はオリンピックアルペンスキー史上最年少の男性メダリストになりました。19歳の同氏は、2014年ソチオリンピックのスラローム競技で銅メダルを獲得しました。それに続き、2018年の平昌オリンピックの大回転競技で銀メダルを獲得しました。今年初め、同氏はジャイアントスラローム競技で世界チャンピオンになりました。25歳のHenrikの勝利への道はまだ終わっていません。

    Henrikのモーターサイクルへの情熱は、アルプスでの業績よりもずっと前から持ち続けている執念です。結局のところ、HenrikとHusqvarnaとの関係は2017年にブランドアンバサダーになる前から始まっています。「私が小さな子供だった頃、ガレージの防水シートの下にこの「もの」が隠されていたのです。私の父のHusqvarnaモトクロスバイクです。それがすべての始まりです。父が持っていたVHSビデオをCrusty Demons of Dirtのように擦り切れるまで観ました。6歳になる少し前に、最初のHusqvarnaの50cc MXバイクを手に入れ、それ以来ずっと乗っています」

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    「他の人がすることではなく、自分のことをしたい」

    まだ乗っているだけでなく、自分の育った故郷ザルツブルグ周辺の道路では、HusqvarnaのオフロードFC 250モトクロッサーとVitpilen 701に乗っています。オーストリアでスウェーデン製バイクに乗るノルウェー人ライダー。Henrikは国際的なスポーツマンであり、世界市民です。

    Henrikのライディングは楽しむだけでなく、大きな利点もあります。「モトクロスは最も肉体的に過酷なスポーツの1つです。これは、特に体幹のための有酸素運動と筋肉トレーニングに最適であり、トレーニングだけでなく調整も行います。基本的に、スキーに必要なすべてなのです」

    モトクロスは挑戦的な鍛錬であり、どのレベルで乗っても、仕事に適したバイクが必要です。Henrikは、特にHusqvarna FC 250で撮影を行いました。そのため、これらの写真が撮られた日は35°Cの気温になりましたが、クロッサーであるHenrikはライドして撮影されるのを待ちきれませんでした。HenrikがFC 250を完璧なパッケージと考える理由はたくさんあります。 

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    世界トップクラスのライダーからのフィードバックと広範なテストを組み合わせたHusqvarnaは、ハンドリング、パフォーマンス、重量、見た目において基準となりました。これらのパラメータに基づいて構築されたマシンにより、Henrikはバイクでの時間を最大限活用できます。「それについて最も良い点は、トレーニングと多くのアドレナリンと楽しみを組み合わせるということです。スケジュールを考えると、トレーニングとレースを常に行うのがどれほど難しいかを想像することすらできないことから、私はプロのMXライダーを大変尊敬しています」 

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrikは、自分の好きなオフロード車の仕様について知る必要はありません。「大好きです!Husqvarna FC 250は超軽量、俊敏性、強力であり、ハンドリングが素晴らしい。特に私にとっては、冬はモトクロスを一休みする必要があるからです。私は春になればそこに飛び乗るのですが、再びそれに身体を慣らさなくてもいいので完璧です。WP Suspensionは素晴らしく、自分のニーズに合わせて簡単に調整できます。特に、しばらく乗っていなかったときは、特に便利です(笑)」 

    エリートアスリートであり、優れたMXスキルを備えたアスリートとして、Henrikはキャリアチェンジを望んでいるのでしょうか?「スキーにうんざりすることはないと思います。Husqvarnaの工場の人たちができることをやるのは、もうすぐです。でも、理論的には、チャンスがあり、どこか求められるパフォーマンスに近づくことができたら、チームの一員になりたいと思っています。しかし、それは私にとって長い道のりです。ですから、私は今のところスキーを続けるつもりです」

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    この数年間ザルツブルグに居住していたHenrikのノルウェーからオーストリアへの移動は、当初は実際的な理由によるものでしたが、他の利点もありました。「シーズン中、ホテルで過ごすことが多かったのですが、これは理想的な状況ではありませんでした。ザルツブルグでの生活はライターアルムでのトレーニングよりはるかに便利で、ノルウェーから自分の持ち物を持って行き来する必要はありません。さらに、私にはリラックスするための自分用スペースがあります。これはもちろん、スーツケースの外で毎年200日以上滞在するよりもはるかに優れたことです。気持ちの面から私はザルツブルグに引っ越しました。なぜなら、非常にオープンマインドで国際的な人たちがいる美しい街だからです」

    リラックスできるスペースだけでなく、都市部からさらには印象的な山の風景に刻まれた曲がりくねった道まで、ライドできる場所もあります。軽快なハンドリングとスリルのあるパワーで機能するように組み立てられたバイクで、日常を忘れる場所です。

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    「私はHusqvarnaに乗って育ちました。ブランドが近年どのように進化したかを見るのは本当に楽しいです。今ではこれまで以上に「スウェーデン的」であると思います」

    20年間のオフロードライディングの後、HenrikはHusqvarna Vitpilen 701にも乗り始めました。Henrikは、ライセンスを取得するとすぐに、Vitpilen 701に飛び乗ってジムに行きました。「私はバイクが大好きです。そのデザインとライド中に感じる感覚です。私はすぐに非常に快適になり、ストリートバイクに自信を持つようになりました。Vitpilenは軽く機敏で、都市部でのライドに最適です。車をもう使うつもりはありません...」

    HenrikのHusqvarnaへの情熱はまったく新たな方向性を示しており、今やロードでのライドにも向いています。おそらく、Henrikのお父さんは、自分の父親が子供に所有を禁止したロードバイクを手に入れることができるでしょう。Henrikにとって、それはHusqvarnaでなければなりません。「まあ、Husqvarnaはスウェーデンのブランドであり、大きな積み上げがあります。私はHusqvarnaに乗って育ち、当時も今も父が乗っているのを見ていたので、基本的に私は若い頃に「プログラム」されたと思っています。ブランドが近年どのように進化したかを見るのは本当に楽しいです。今ではこれまで以上に「スウェーデン的」であると思います。色、全体の外観は魅力的で、品質も素晴らしいです。父と私がまだHusqvarnaに乗っていて、とても若い頃に戻ったときのように、荒野の中でライドしていたらおかしいでしょう。今では、私もHusqvarnaのロードライダーです。私は、同じブランドのバイクで両方を行うことができてとてもうれしいです」

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story

    Henrik Kristoffersen Story