• Max Leitner Story

    Max Leitner

    Hej Stuttgart

  • Hej Stuttgart

    Max Leitner(写真家、都市探検家)

    シュトゥットガルトほど、広がる夏の日の爽やかさを強く感じることができる場所はあまりありません。早起きしたくなるでしょう。本当に早く。日の出の直前の薄明りの時間帯には、あなたと、まだ見つけていなかった新しいルート、目に見えないものを撮影するカメラ、そしてインスピレーションがあなたを導く場所へとあなたを連れて行くバイクだけがあるのです。誰もあなたの邪魔をすることなく、それらの信じられないほどの邪魔のない都市の展望を妨げることはありません。二度と繰り返されないことを知っている特別な瞬間をあなたから奪う人はいません。

    フレッシュな視点

    「独りぼっちと孤独とは違う」とMax Leitnerは言います。人が踏み出して誰もこれまでに見たことのない方法で世界を捉えた瞬間、人は一人です。シカゴでも、上海でも、ロッテルダムでも、マカオでも、深センでも、その他世界中の多くの都市でも。Maxは世界中を旅しており、非常に高い建物の最上階の窓から大胆に踏み出し、意外な形や線がユニークに形作る角度や瞬間に結びついた建築や自然の美しさを捉えています。「私は常に駆り立てられる都会の探検家であり、誰かがフォローしたいと思うかどうか確かめるのを待つことはありません」

    人がどこにでも便利に移動でき、かつ衛星がかつて宇宙から見て未知であったことを記録するような世界で、どうすれば現代のパイオニアになれるでしょうか?シュトゥットガルトは、豊かな遺産、信じられないほどの光、そしてドイツのエンジニアリング、革新とデザインを象徴する場所です。では、26年前にMax Leitnerが生まれたこの街は、何と関係があるのでしょうか。

    私たちはMaxの好きな時間である朝の早い時間に会います。それは小さな工場の建物、突然ここで終わっている線路、そして修理されるのを待つ列車といった特に荒れたエリアです。シュトゥットガルトを取り巻く緑豊かな丘とブドウ畑の青々とした緑とは対照的に、少しクールな工業地帯の景観です。Maxはローディングランプにライドしてより良い視点をゲットし、Svartpilen 401の軽快さを大いに楽しんでいます。

    「スムーズなライディング感覚のスリリングなコントラストだけでなく、生で露出されたデザインの信頼性も気に入っています」とMaxは認めます。同氏は、11歳のときにマウンテンバイクで初めてこの街を通り過ぎたときに、工業地帯の北部にあるこの険しい地域が自分に与えた初期のスリルを今でも覚えています。「この地域は感情を呼び起こします。ここでの初めて探索した思い出につながります」

    Max Leitner Story

    Max Leitner

    「私は素材と過ごすときが好きなのです」

    Max Leitner Story

    答えを探す

    Maxが思い出せる限りにおいて、幼い頃から同氏は常に無限の質問を抱えてきました。同氏にとって幸いなことに、偉大な両親はすべての質問に辛抱強く答えようとしてくれました。

    質問。答え。Max Leitnerは、答えが見つかるまで、検索や探検を止めることはありません。同氏の境界を押し広げ、改善し続けるのを助けるスキルです。空間の建設においてこれまでにない壮大さを見つける。建物、空間、そして都市景観すべてで私たちを導くインフラストラクチャの相互作用。これこそが最終的に同氏の作品を非常に洞察に満ちたものにしています。

    Max Leitner Story

    なぜ同氏は過去数年間過ごした米国を離れたのですか?シュトゥットガルトを再び自分の家にしたきっかけは何ですか?60万人の人口を抱えるドイツの裕福な南西部の町の魅力とは何でしょうか。誰もがかつて試した以上に、体験型の都市写真の現状を推進するという同氏の目標はいつ達成されるのでしょうか。

    「シュトゥットガルトの地形構成を見ると、丘の上に建てられた都市であるため、実際に探索する余地がたくさんあります。これにより、自然な動きをもたらします。流れです。それは、本質的に標高、上り坂と下り坂、およびこれから生じる変化する視点に伴う質です。急勾配で構築できない場所や、必然的に森がある場所があります。これらが、典型的なグリッド上に配置された非常に平坦な都市であるシカゴよりも、シュトゥットガルトが私にとってはるかに興味深い理由です」

    Max Leitner Story

    Max Leitner

    「自分の性格にぴったり合わないバイクに乗ることは決してありません」

    Max Leitner Story

    Max Leitner Story

    著名なイー建築士によって設計された有名なシュトゥットガルト市立図書館の近くには、放棄された都市景観が広がっており、砂利や草の小片で覆われています。Milaneoと呼ばれるエレガントなスタイルのショッピングモールの背後にある対照的な非常に頑丈な土地です。Maxは、バイクで楽しむためにこのスポットを選びました。朽ち果てた都会を背景に図書館が建ちます。そのファサードには無数のガラスブロックが組み込まれており、浮かぶ建築ラインに光を呼び込む未来的なモノリスです。その中心部とコアは、古代のパンテオンの偉大な遺産に触発されたかのようです。

    古い鉄道貨物駅がかつてあったマイレンダー広場周辺のこの地域は、過去から未来へと絶えず移行しているようです。それはまだ定義されていない、これまでにない未来のための重要な影響発生装置です。このはっきりと対照的な砂利フィールドの都市の荒野がどれほど長く続くかは誰にも分かりません。

    「私は一人で、ゆったりとした地面を楽しんでいるときが好きです。バイクの反応がよく分かります。公共の道路から砂利面が切り離されている場合は、意図的に牽引力を失いますが、それでも安全です」同氏は自分の境界をよく認識しており、常に新しい可能性を探求したいと思っていますが、自分や他人を危険にさらすことは決してありません。これこそMax Leitnerが破ることが決してないと言っているルールです。

    Max Leitner Story
    「最大の課題は自分自身の考え方です」

    Max Leitner Story

    Max Leitner Story

    都心のクエスト

    有名なヨハネス通りの小さなロースターであるモスクスカで思い出に残る自家製焙煎コーヒーを求めてシュトゥットガルトの西に向かいます。約200年前はシュトゥットガルトを通る主要な輸送ルートでした。

    モスクスカはハンガリー語でリスを意味します。ふわふわのマスコットがしっかりと包み込むような表情でコーヒーカップを抱えて、持続可能な方法で調達された「豆汁」のこのロースターのロゴになっています。Maxはやや遅れて到着し、新鮮なクロワッサン、美味しい自家製エスプレッソブロンディの1つである、この街最高のラテマキアートを手に入れ、完璧なシュトゥットガルトの朝食を取ります。「私は、質が何を意味するかを知っている他の人々に質をもたらすという考えに駆り立てられてて自分で物を作る人々を愛しています。モスクスカはまさにそんなところです」と言います。

    グローバルにインスピレーションを得て、前向きに考えながら、伝統的に生産された質の価値に対する確固たる信念に深く根ざしています。このアプローチで、カフェはこの静かな住宅街の角に新しい命を吹き込みました。「私はこのエリアから離れようとしていることに、「うんざり」しています」とMaxは言います。シュトゥットガルトの中心部の南にあるヒップなホイシュタイクヴィーエテルが同氏の新しい遊び場になるでしょう。同氏は裏庭の敷地を借りました。それが同氏の新しい生活とスタジオの場所として機能します。実際にこの人気のあるエリアで手頃な価格の隠れ家を見つけることは、探索的な都市のマスターストロークでもあります。想像力、オープンマインド、そして幸運が必要となります。

    Max Leitner Story
    「選択の心構えを持つことがすべてです」

    Max Leitner Story

    さらに探索する

    バイクに戻りましょう。これまでに見たことのない都市の視点をもたらすものを探し続けます。Maxは駐車ブロックの屋上からいくつかの有望な角度を慎重にチェックしています。目の前に広がるシュトゥットガルトの見事な360度の眺望です。キレスベルクが見える距離には、Maxが育った青々とした緑の郊外があり、その向こうには、シュトゥットガルトの新しい駅がすぐに立ち並ぶ広大な建築物の「傷」があります。

    クリスマス休暇の間、Maxはそこにいて、対照的な建築の美学と対称的な線を使った同氏の独特のスタイルで、産業と大都市の変化の物語を捉えていました。「写真を使って分解し、完全に新しい視点と物事の考え方を発見する機会にいつも魅了されていました」。同氏の紛れもない画像の作成法は、同氏のユニークな洞察力、環境自体、それが構築された目的を通して独特のスタイルを表現する機器を融合したものです。

    「私はSvartpilen 401と同じような性格を持っていると思いたい」とMaxは言います。街の北側にある自然アーティストのコミュニティであるワーゲンハレンをチェックするときがきました。アーティストたちが一緒に暮らして仕事をするやり方は、同氏がカチカチ音を立てて写真を撮る方法とは大きく異なりますが、カラフルなコンテナスペースと転用されたテクノロジーで作られた巨大な彫刻のクレイジーな混合体が同氏の興味をそそっています。

    Max Leitner Story

    Max Leitner Story

    Max Leitner Story

    Max Leitner Story
    「私を駆り立てるのは、この休みない好奇心です」

    反映する時間

    その後、Maxは、ホイシュタイクヴィーエテルにオープンしたばかりのモトカルチャーのクールなハイブリッドバー会場ショップであるヒルソンに立ち寄ります。バーのオーナーの創造的なサークルの原動力である、背が高く、ヒップで髭面の紳士であるPhilippとMaxは必ず一緒に飲みます。

    MaxがPhilippとの間で次の展示会のアイデアを共有する絶好の機会です。デスバレーの端で友人のBrianの物語を伝え、上海の夜明けに高層ビルの頂上を探検した友人のJenniferが、パリの有名なルーブル美術館での深夜の遠足を思い出し、その後、シカゴのリスボンに行ったことなど、あらゆることです。同氏の考える多くの驚くべき写真の傑作の選択により、真の都市の先駆者の比類のないビジョンが明らかになります。

    PhilippとMaxはどのようにして出会ったのですか?MaxのSVARTPILENが初め、街のどこかでPhilippの目を引き、Philippはすぐに魅了されました。彼らは後でそうするように、すぐに話を始めました。しかし、今のところ、Maxは別の場所でのチェックをオフにしています。階段を上って窓の外に。シュトゥットガルトの中心部のどこかでMaxの次の撮影のための新たなまだ見ぬ角度を探しています。正確にはどこですか?Maxの物語と発見の旅は、今もなお作られ、進化し続けており、決して終わりません。

    Max Leitner Story

    Max Leitner

    「私は常に駆り立てられる探検家であり、誰かがフォローしたいと思うかどうか確かめるのを待つことはありません」

    Max Leitner Story

    Max Leitner Story