• Patrick Kafka Story

    パトリック・カフカ

    Hej Vienna

  • Hej Vienna

    モデルでモーターサイクルファン、パトリック・カフカ

    人生における最も重要な真実は、表面的には矛盾しているように見えるかもしれません。しかしそうした矛盾の表面の下をもう少し深く覗いてみると、本当に驚くような可能性に出会うのです。パトリック・カフカにとって、真逆の世界で活躍することが彼独自の現実となり、彼の興味深いストーリーの基礎となりました。 

    背景

    パトリックは、彼の唯一の姉であるパトリシアが生まれてから10年後の1991年に誕生しました。そうです、「パトリックとパトリシア」 - おそらく彼の両親は何でもシンプルなのが好みなのでしょう。彼は静かなウィーン郊外で育ち、情熱的なモーターサイクルファンの家族に囲まれて育ちました。ハンサムな外見に恵まれたにも関わらず、幼少期は近所の他の子供たちと同じように過ごしました。16歳になったとき、目まぐるしく変化するモデルの世界へと放り込まれ、彼の生活はそれまでと真逆なものになりました。そのときから、彼はシンプルな郊外の生活を複雑なファッション業界に紹介する必要があると感じていました。

    10年が過ぎ、パトリックは、ドルチェ&ガッパーナ、アルマーニ、ラルフローレンなど、世界の主要ブランドと提携する非常に人気の高い「トップモデル」へと成長しました。それでも彼は謙虚なままで、自身のシンプルなルートをウィーンに見い出していました。まったく対極にある2つで織り成す世界。彼がそれを実現する様子をぜひ探りたいものです。 

    Patrick Kafka Story

    ストーリーの始まり

    パトリックの家に到着すると、彼は優しい笑顔で私たちを迎え、すぐにガレージに案内してくれました。そこには彼のVitpilen 701が誇らしく展示されていました。ここが彼が最も快適な場所で、友人たちと集う場所なのは明らかです。新しいバイクがセンターステージに置かれていることから、これが友人たちとの会話や議論の中心となっていることもすぐに分かりました。静かにたばこを巻きながら、パトリックは彼が受け継いだモーターサイクルの情熱についてゆっくりと語り、その後で彼が着手した他の一部のプロジェクトについて話してくれました。

    その日の予定についてさらに話すため、彼の自宅に入ると、濃い目のコーヒーのフレッシュな香りに迎えられました。パトリックの謙虚なライフスタイルには確かな親しみやすさがあり、彼のバイク、特にHusqvarnaブランドのバイクに対する情熱に気付くまでに、それほど時間がかかりませんでした。

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    まずはコーヒーから

    私たちの旅はウィーン郊外のストリートから始まり、インナーシティーの端にあるNOOKというカフェに到着しました。新たにオープンしたこのコーヒーショップは、彼の個人的な友人がオーナーで、バリスタが午前中ずっとエスプレッソを提供しています。多くの見物人に溢れた部屋にカメラがやって来ると、パトリックは驚くほど落ち着いた様子でモデルの仕事をこなします。これほどカジュアルでリラックスした環境で、このシンプルな生活に対するより複雑な側面について想像するのは困難でした。ここで、彼がモデルの世界へと入るきっかけとなる少し変わった体験を語ってくれました。 

    パトリックの姉は弟をこの辺りで「一番かっこいい」と考え、彼を地域のモデルコンテストに応募しました。彼女のこうした悪巧みをまったく知らず、パトリックは撮影に水着を持参するようにと指示する電話を受けます。彼は驚きとともに少し混乱しましたが、彼の姉はなんとか彼を説得し、コンテストへと向かわせました。彼女の考えた通り、パトリックはコンテストで優勝し、ボストンで開催されるモデルの「ブートキャンプ」へと連れて行かれました。プロジェクトの期間中、若い女性のモデルとペアになり、ここで初めてパトリックはモデル関係の交際を経験します。カメラの背後から真の感情が自然に表れたため、素晴らしい写真となり、ヨーロッパで初めての大型契約へとつながりました。その後は全速力で駆け抜けました。ウィーンのシンプルな家族との生活と海外での混沌としたモデルの世界、彼の今日の生活を定義するコントラストの世界がこうして生まれたのです。 

    パトリックが語るモデルの世界の内側は非常に興味深く、あっという間に時間が過ぎました。彼は「目で笑うこと」や他の業界でのコツを私たちに教えてくれました。その間コーヒーが常に注がれ、たくさん笑い、楽しい時間となりました。

    Patrick Kafka Story

    「このモーターサイクルのスタイルは僕にぴったりなんだ...」

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    心に残る走り

    気分が上がったパトリックは、彼のお気に入りのルートを紹介してくれました。そこは、彼自身のライフスタイルのバランスを取るため、精神的にも肉体的にもストレスから逃れるための場所です。このオープンな並木通りを走ると、パトリックがホームと呼ぶ都市の絶景が広がります。彼がこのルートを選択した背景にある感情を理解することができました。

    Patrick Kafka Story
    人生に導かれる方法は、多くの場合1つの瞬間に落ち着きます。この場所は、パトリックがモーターサイクルへ情熱を抱く上で重要な役割を果たしました。

    パトリックに続いて曲がりくねったこの傾斜地を走ると、彼とVitpilen 701の特別なつながりをはっきりと見て取ることができました。各コーナーのダイナミクスを理解している彼は、うっとりするほど簡単にルートを駆け抜けると、ようやくドップラーヒュッテと呼ばれる、一見すると忘れられたような古い街に到着しました。 

    最初は混乱しましたが、すぐにここが彼が子供のときに大きな意味を持っていたことが分かりました。彼の家族はみんなここに座り、目の前をモーターサークルが急カーブし、大きな音とともに去っていくのを眺めていました。彼がその同じコーナーを通過し、ギアをシフトしてストレートラインに消えていくのを見ると、彼がモーターサークルに魅了されたまさにその瞬間に遡っていくようでした。 

    彼が何年も前に味わったのと同じ感覚を間違いなく体験した私たちは、すべてを感じ取るのに少し時間をかけました。

    Patrick Kafka Story
    パトリックがホームと呼ぶ都市ウィーンの素晴らしい眺め。ヨーロッパの文化の中心地として知られ、ユニークな魅力、活気そして才能に彩られたメトロポリス。

    もう1つの側面

    この旅の次の行先は、私たちが高い期待をしていた場所です。今楽しんだシンプルな乗車とはまったくかけ離れた世界を体験するため、私たちは都市へと戻りました。ウィーンのモデルエージェンシー(パトリックがキャリアを開始したときから所属するモデルエージェンシー)に到着すると、ディレクターの1人であるKosmas Pavlos氏に迎えられました。ここはパトリックの職場であり、私たちはまだ知らないパトリックの別の一面を見られることを期待していました。 

    Pavlos氏に挨拶し、ストリートで数枚スナップ写真を撮影すると、パトリックの行動に何の変化もないことに気付かされました。彼らのフレンドリーで落ち着いた仕事ぶりは、私たちが期待した通常の仕事関係というよりも、互いに尊敬し合う友人関係のようでした。モダンな白い壁のオフィスに入ると、そこには所属モデルがカバー写真に掲載されたマガジンが並べられ、このまったく馴染みのない環境に、私たちはちょっと場違いな気がしました。スタッフに会い、パトリックが彼らとやり取りするのを見て、前の話で聞いた本当の家族と同じく、彼らがパトリックにとって家族同様なのだと分かり始めました。私たちはこのときようやく彼がこのユニークなライフスタイルのダイナミクスにどうやって対応しているのかを理解できました。 

    彼の親しい友人と家族は、彼の両方の世界の共通因子であり、どんな困難に直面しようとも、彼が前進できる基盤を提供してくれるのです。パトリック側からカメラを向けられるのにぎこちなさを覚えたスタッフが笑い、ムードが明るくなったため、私たちは彼の生活のこちらの側面をしっかりと捉えることができました。撮影備品に引火したことで写真撮影から避難したり、有名な業界のワイルドなパーティーなど、面白い話を聞いているうちに、パトリックがモーターサイクルで感じるアドレナリンはここにも存在することが明白となりました。 

    これらの一見真逆な世界に多くの共通点を見つけるにつれ、相反するものが互いに魅了すること、何かとても大きなものを生み出すのだと改めて知ることになりました。これこそパトリック・カフカのストーリーなのです。 

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    パトリックの目を通して

    トップモデルという魅力的な世界を体験し、彼の仕事の面白い話を聞き、私たちはこれこそが今夜のインスピレーションだと決めました。これを知った上でパトリックは、私たちを地元の小さなバーに連れて行ってくれました。そこはウィーンの人たちで遅くまでに賑わっている場所のようでした。外から見るだけでもたくさんのストーリーがありそうなこの店、Elektro Gönnerで、パトリックからもう少し話を聞くことになりました。私たちは、彼が大工仕事が好きなこと、そしてかの有名なErzberg Rodeoでのメディアの案内役としての役割について聞きました。そして彼もまた体重を管理しなくてもよい「ムカつくやつ」の1人で、オフロードの乗車のトレーニングの代わりに、アイスホッケーで鍛えているとのことでした。

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story

    Patrick Kafka Story
    太陽が沈むにつれ、開かれた都会の道から最後に照らされた都市の景色を眺めることができました。そして夜の光を完璧に捉えたVITPILEN 701は、ガラス張りのビルに囲まれたような輝きを放ちつつ、夜の訪れとともによりダークなコントラストと融合していきました。

    「長く混沌とした海外出張の後にバイクに乗ると、バランスを取りやすくなるんだ...」

    Patrick Kafka Story
    ウィーンの夜がふけるにつれ、エネルギーが溢れてきます。バイクに乗ったアドレナリンと美味しいウィーンコーヒーをたくさん飲んだことが原因かと個人的には考えています。どちらにしても、この写真から分かるように、十分に楽しみました。

    夏の終わりの夕暮れとともに、この素晴らしい都市のナイトライフが始まります。ウィーンの夜は新たな、活気のある雰囲気でしたので、私たちは流れに身を任せ、パトリックの目を通して都市を体験し、彼を真の優れた人物へと成長させたスピリットを楽しむことにしました。

    興味にかられた私たちは、パトリックと1日を過ごしてみることにしました。そこで実際に体験したのは、私たちが望んでいたものよりもはるかに多くのものでした。彼の矛盾するライフスタイルを表面からより深くまで掘り下げてみると、この2つの相反する世界をどちらも活かした彼の信じられない能力を発見することになりました。それは真に優れた何か、そして斬新でユニークなライフスタイルです。