701 SUPERMOTO 2020
ライディングの本質

74 馬力、高度な電子機器と最先端のシャシー。145 kg の 701 Supermoto は、レーストラックのスリルを取り込み、Supermoto の純粋な走りのエッセンスをストリートに反映させます。

Features and Benefits

フレーム
軽量トレリスフレームは高グレードクロモリ鋼からできており、正確なハンドリングと完全な信頼性を与えるために開発されました。正確に計算されたねじり剛性と縦方向のたわみによって、ライダーに詳しいフィードバックが伝えられます。
ポリアミド製リアサブフレームとタンク
13リッターの燃料タンクが組み込まれた自立型リアサブフレームは、最適な重量配分のために完璧に配置されています。熱可塑性回転モールディング製法を用いたワンピース構造で、重量はわずか5.2 kg。高強度ポリアミドで作られています。
WP Suspension(フロント)
WP APEXスプリットフォークのホイールトラベルは215 mmで、フォーク脚の独立したダンピング回路により、従来のフォークよりもダンピング性能に優れ、セッティングも容易になっています。左のフロントフォークはコンプレッションダンピング専用で、右のフロントフォークはリバウンドダンピング用です。
WP Suspension(リア)
完全に調整可能なWP APEXリアショックアブソーバーは、リバウンドダンピング調整機能と、高速と低速のコンプレッションダンピング調整機能を備えています。250 mmのリアホイールトラベルは、きつく曲がりくねった山道から混雑した市街地まで、あらゆる条件下で完璧なコントロール性を約束します。
Engine
シングルオーバーヘッドカムの水冷単シリンダーエンジンは、デザインと電子技術において最新です。55 kW(74 馬力)/8,000 rpm の最高出力と、71 Nm/6,750 rpm の最大トルクにより、ライダーはこの軽量ユニットに秘められたパフォーマンスを疑いなく実感します。
Cylinder head
シングルオーバーヘッドカム、4 バルブシリンダーヘッドのコンパクトな設計には、正確なバルブタイミングを高いエンジン速度で提供する堅固なロッカーアームシステムにより作動される 42 mm インテイクバルブと 34 mm エグゾーストバルブが搭載されています。イグニッションはデュアルスパークプラグレイアウトを通して行われ、それぞれに個々のタイミング制御があり、大口径の燃焼室で最適な燃料の燃焼が行われます。
Ride-by-wire throttle
Keihin 製電子制御フューエルインジェクションシステムは、スロットルグリップと機械的なリンクを持たない 50 mm スロットルボディが特徴です。ライダーがスロットルをひねって開く、あるいは閉じると、スロットルバルブはエンジンマネジメントシステム(EMS)により電子的に制御されます。エンジンマネジメントシステムはエンジンのパラメーターをセンサーからのデータを常に比較し、それに応じてスロットルバルブを調整。その結果完璧な出力特性とスロットルレスポンスが得られます。
Gearbox
軽量6速トランスミッションは、クラッチを使用せずにギアをシームレスにシフトアップまたはダウンできるイージーシフト機能を備えています。このシステムでは2つのセンサーを使用します。1つ目のセンサーはシフトアームにあり、ライダーがシフトアップするときにシフトレバーロッドの動きを検出します。2つ目のセンサーはギアの噛合を検知し、エンジンパラメータと合致して、あらゆるRPMまたはエンジン負荷での簡単なギア変更を可能にします。
ホイール
ブラックアルマイト加工のGiant製チューブレススポークホイールは、軽量かつ頑丈です。17インチホイールには、ハンドリングが非常に軽く、すべてのリーンアングルで卓越したコントロール性を発揮する、フロント120/70、リア160/60のContinental製ContiAttack Supermotoタイヤが装着されています。
ライドモード
ハンドルバースイッチを使用すると、エンジンの出力特性を2つの独自のライドモードで簡単に、臨機応変に調整できます。モード1はスポーティーなスロットル応答と敏感なコーナリングのトラクションコントロールを提供し、最適な街乗りパフォーマンス用のホイールスリップとウィリーを最小限に抑えます。モード2は悪路や路面状態を問わない使用を目的に、トラクションコントロールを抑えたより積極的なスロットル応答を提供し、ドリフトとスライドの完全な制御を可能にします。
トラクションコントロール
リーン角に敏感なトラクションコントロールシステムは後輪の速度を監視し、後輪の回転速度がライド状況に対して不均衡である場合は、即座に(ミリ秒以内に)応答します。このシステムは選択されたライドモードと現在のリーン角に最適なレベルまでスリップが減るまで、スロットルバルブで滑らかかつわずかに知覚可能な介入によってエンジン出力を減らすことで動作します。モーターサイクルをフルコントロールしたいライダーのために、トラクションコントロールをオフにすることもできます。
ブレーキ
ライダーの要望から採用された、フロントのラジアルマウント4ピストンBrembo 製キャリパーとフローティングディスク、リアのシングルピストンキャリパーとフローティングディスク(それぞれ直径320 mmと240 mm)により、驚異的な制動力とコントロール性を実現しています。Boschの最新のコーナーセンシティブABSテクノロジーは最大の安全性と総合的な信頼性を保証し、より上級のライダーではこれを完全に解除することができます。
ボディワーク
革新的なボディワークは、ラジエーターシュラウドの上まで伸び、あらゆる状況でグリップ力を向上させるロングシートが特徴です。エンジンとフレームを包み込むような701のボディワークは、どのような走行状況下でも完全なコントロールを可能にする、人とマシンの完璧な調和を約束し、ライダーの身体とバイクが結びつくように人間工学的に設計されています。
CNC機械加工トリプルクランプ
アルマイト処理されたCNC機械加工トリプルクランプは、Supermotoが求める高いパフォーマンスに応えて設計されました。正確なたわみを考慮して設計し、現代風に丁寧に仕上げられており、フロントエンドの挙動に関する詳細なフィードバックをライダーに伝えます。
アンチホッピングクラッチ
パワーアシストアンチホッピングクラッチは、急加速時のリアホイールのグリップを最大限に引き出し、ターンの頂点に向かうハードブレーキング時に、リアホイールが不安定になったりホッピングが発生するのを抑制することで、コーナーの進入から立ち上がりに至るスピードを大きく引き上げます。
A2ライセンス対応
出力を30 kWに制限する特別なA2エンジンマップで、701 Supermotoは最新の技術革新を組み合わせた、驚くべき敏捷性とハンドリングを切望するA2免許保持者に適しています。

Technical Specs

Engine

  • 排気量 692.7 cm³
  • Kw出力 55 kW
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • ボア 105 mm
  • ストローク 80 mm
  • スターター セルスターター
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • クラッチ APTC(TM) スリッパークラッチ、油圧操作式
  • EMS Keihin製 EMS ライドバイワイヤー、ツインイグニッション

Chassis

  • フレームデザイン クロームモリブデン鋼製トレリスフレーム。パウダーコート塗装
  • サスペンションストローク (フロント) 215 mm
  • サスペンションストローク (リア) 240 mm
  • フロントブレーキ Brembo製 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー、ブレーキディスク
  • リアブレーキ Brembo製 1ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • ABS BOSCH製デュアル・チャンネル 9.1 MP ABS(作動解除可能の、コーナリング ABSとSupermotoモード搭載)
  • キャスター角 63.6 °
  • 最低地上高 238 mm
  • シート高 890 mm
  • 燃料タンク容量 (約) 13 l
  • Weight without fuel 147 kg