• TC 125 2021 (4)

    Motocross 2021

    Hit the perfect line

  • mx-story

    勝利は偶然やってこない

    このスポーツには、卓越した勇敢さ、驚異的な適性、鋭く磨かれたスキル、細心の準備、揺るぎない決意など、絶対性が求められ、これらは一旦ゲートが下がると逃げられない事実です。モトクロスのライダーが長く、楽しく、かつ輝かしいキャリアを築くには、広い視野を持ち、継続的な成功に必要なことについて理解しておくことが重要です。当社の製品は、将来を見据え、限界を超えて進化するそうしたライダーをサポートします。常に細部に気を配り、ライダーのスキルを構築し、テクニックを磨き、懸命に準備を整えます。このスポーツでは、常に学ぶことが必要です。なぜなら進歩するのを止めたとき、バイクから降りることになるかもしれないからです。

    mx-history

    初期のモトクロス

    1950年、Husqvarnaの超軽量コンパクトな「Silverpilen」ストリートモデルは、オフロード対応の自己改造バイクを求めるライダーの最適なバイクでした。  

    初の公式ヨーロッパモトクロス選手権は1952年に開催され、初の世界選手権は1957年に行われました。

    Husqvarnaは1959年(ロルフ・ティブリンによるヨーロッパ250 ccタイトル)と1960年(ビル・ニルソンによる500 cc世界タイトル)に初のモトクロス選手権タイトルを獲得しました。

    1962年および1963年、Husqvarnaはロブ・ディブリンとトーステン・ハルマンにより1つのシーズンで250 ㏄と500 ㏄の世界タイトルを総なめにしました。

    モトクロスレースモデルの初の量産は1963年に開始され、ハルマンのチャンピオンバイクのレプリカを100台製造しました。

    トーステン・ハルマンなどのライダーにより、このスポーツは大西洋を越えて米国へと渡り、60年代および70年代にその人気は爆発的に上昇しました。

    1979年までにHusqvarnaは13のモトクロス世界タイトルを獲得し、バハ1000で9回の勝利、アメリカ国内および伝説のTrans-AMAで複数の勝利を収めました。